上へ戻る
ホーム » ガルテン・ブログ制作スタッフのコラム » こんな時だからこそホームページの役割を再考してはいかがでしょうか?
桜イメージ
ガルテン・ブログ製作スタッフの板東です。
暖かい日も増え、本格的な桜のシーズンにもなって参りました。
この季節が被災地の方々を少しでも元気付けてくれることを願います。

オーセブンがあるさいたま市は計画停電が適用される地域ですが、先週、今週と停電が回避でき、滞りなく業務を進めることができています。助かります。

それにしてもこの大震災が起きてwebの威力が改めて実感できました。
(たくさんの情報が飛び交う中、正しいものを見極める力なども試されますが)

安否確認から始まり、救援物資や住宅提供のマッチングサイト、そして原発情報関係まで、時々刻々形を変えて役立っています。
インターネットを活用できると緊急時に本当に助かるということが実証された今、これまであまりインターネットが身近でなかった方々にも浸透するでしょう。

復興がすすめば建築や土木、エクステリア工事への需要が増えると考えられます。
そんな時、工事をしてほしい人と工事をする業者さんを結びつける手段でインターネットが活躍するのは間違いありません。

ホームページをお持ちであれば、どのエリアまで出向けるかをより詳しく検討したり、
どんな工事で手助けができるかを今からまとめておかれることが必要なのではないかと思います。
また、ホームページをお持ちでない場合は、簡単なものでも設けることによって、「近所の役立つ業者さん」として見つけてもらえます。

こんな時だからこそ、ホームページの役割を今一度考えてみてはいかがでしょうか。




エクステリア・造園系フリー画像をお探しなら↓
エクステリア・造園業者様向け無料画像コーナー


ホーム » ガルテン・ブログ制作スタッフのコラム » こんな時だからこそホームページの役割を再考してはいかがでしょうか?